FC2ブログ
2018
09.03

真夏の植物園 その3 ( ラン温室と熱帯果樹室)

Category: 植物園
つづいて 熱帯雨林植物室に隣接している ラン温室へ。
実は 今まで ラン温室は あまり入ったことが無かったのですが・・・



入ってすぐ 豪華なコチョウランの鉢が お出迎え。
コチョウランたくさん
他にも シンビジウム、デンドロビウム、カトレア・・・
ううむ、お花屋さんだったら 総額いくらなんじゃろな・・・
とか ゲスなことを考えつつ 奥へ進むと


突如そこには 異世界が・・・

リュウビンタイ

(゚д゚)
超でかい シダ植物に 遭遇。

その名は リュウビンタイ

リュウビンタイ株元

この塊状の株元が 竜の鱗のように見えるので リュウビンタイと言うそうな。
しかし でかい・・・・この株元 私の頭より大きい(たぶん)
そして 葉の付いた茎?、一本 1m以上は ありそう。
それが 四方に 力強く伸びている。
しかも 株元に光が差して、神々しささえ 感じます。

ここは・・・・太古の世界ですか・・?
いやぁ、いいもの見られた。


こちらは すこし小ぶりな リュウビンタイ(それでも 存在感抜群)
リュウビンタイ小

株元に 注目!!
リュウビンタイ新芽
あららら~、これはまさしく シダ植物の新芽。
ゼンマイ そっくり。
え・・・・なにこれ 可愛いぞ

すっかり リュウビンタイの 虜になってしまったわ~ (*´∀`人 ♪



そのほかにも
エアープランツ
こんな 迫力満点のエアープランツがあったり・・・
なんか 前衛芸術みたいですよね

ラン温室 入り口から見える 
華やかなランの植木鉢からは 想像もできない、 
エネルギーに満ち溢れた 植物たちが
温室の奥に 隠されていたとは・・・・いや、隠してないけど、見逃してただけ(笑)


ラン温室に行く 楽しみができたわ^^



さて、最後は おなじみ 熱帯果樹室へ。

ここでクイズです。

これ、何の花?
パイナップルの花



正解は・・・・
パイナップル実
パイナップルでした~!!!





Comment:0  Trackback:0
2018
08.30

真夏の植物園 その2 (熱帯雨林植物室)

Category: 植物園
せっかく 植物園に来たので 温室の方も見学。

まずは 熱帯雨林植物室へ

ふたばライン

サガリバナ
サガリバナ

この花、ねむの木の花に似ているな・・
ぶら下がって咲くから サガリバナね・・
きれいな花だけど もう見ごろは過ぎちゃったのかな?

などと思いつつ、ふと

足元を見てみると・・・
サガリバナの水鉢
散った サガリバナの花びらを
水を張った石鉢に 浮かべてありました(*゚ェ゚*)
あら~、なんて素敵 

サガリバナは 一夜だけ咲いて 夜明けには散ってしまう儚い花。
お昼過ぎだから、そりゃ散ってるよね_(:□ 」∠)_
日本では 西表島などで 散った花が川面を埋め尽くす 
幻想的な光景が見られるのだとか。
さぞ 美しいでしょうね・・・・(*´∀`人 ♪

ふたばライン

こちらは ウコン の花
ウコンの花
大きな葉っぱの陰に ひっそりと花を咲かせていました^^ 
ウコンといえば、二日酔いに効くという 根っこのほうが有名ですけど
お花は 清楚で とてもきれい(* ´ ▽ ` *)
あと、イメージしてたより ウコンって結構大きいのね。
葉っぱ全体で 1m近くあったと思います。

ふたばライン

ヘリコニア・ロストラタ
ヘリコニア
ひときわ目を引く 鮮やかな赤色と 特徴的な 花の並び。
この花の形、よく 「ロブスターの鋏(はさみ)」のよう、
と 表現されるそうですが、
なるほど・・・・・


似てる・・・?! 




Comment:0  Trackback:0
2018
08.26

真夏の植物園 その1

Category: 植物園
連日の猛暑日で すでにバテバテ。
朝から クーラーの効いた部屋で グダグダな毎日( ノД`)
しかし 晩御飯の買い物には 行かなきゃなりませぬ。
この 温度差が つらい。
でも クーラーなしでは 今年の猛暑は 生命の危機レベル・・・
早く涼しくならんかなぁ~

・・・と、毎日 恨めし気に 照りつける太陽を見上げていたところ
突如 エアーポケットのように訪れた 秋の気配。

最高気温が 30℃を下回るなんて 夢のよう°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°
一気に 生気を取り戻した 8月17日。

久々に 植物園に お出かけしてきました♪ 
暑さに めっぽう弱いため 避け続けてきた 真夏の植物園・・・。
ちょっと 楽しみ^^

ふたばライン


入園してすぐ 夏休み名物 食虫植物コーナーが お出迎え。
 ウツボカズラの鉢
なんと 立派な ウツボカズラの 鉢植え。
5~6鉢は 並んでいたかしら。なかなか 壮観であります(笑)

他にも ハエトリグサや モウセンゴケもあり、
小学生くらいの子供たちが 大興奮で群がってました。
(中央のホールの売店で 食虫植物の販売も していましたよ!)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

そして これまた 夏休み名物企画 「オオオニバスに乗ってみよう」。
オオオニバスとさざなみ
パラグアイオニバス

直径1m以上もある このハスの葉っぱには 
子どもなら 乗ることが出来るそうで(体重30㎏以下)、
毎年 体験イベントが 開催されています。

たまたま この日は イベント初日だったので
たくさんの親子連れが 訪れていました。
なんと 本物そっくりの模型には 大人も乗れるそう!!
※参考までに 植物園のチラシ↓
植物園チラシ
スタッフさんに付き添われ、ハスの葉の上でピースサインをする お客さん多数。
ううむ。絶好の記念写真スポットよね。
ちょっと・・・乗ってみたかったかも・・・。
でも 一人で乗って、スタッフさんに 写真を撮ってもらう勇気がなく 撤退。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

いつものお散歩コースの ナラやブナの森ゾーンは
蝉しぐれが やかましいほど。
聴いた感じでは アブラゼミ7割 ツクツクボウシ3割って とこでしょうか。
ツクツクボウシ以外の蝉の声は よく判別できず すべてアブラゼミに換算デス。
あしからず

アブラゼミ
いとも簡単に・・・ セミの写真撮り放題(笑)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ぐるりと園内を回って 見たかったものの一つ、ハスの水槽へ。
毎年 秋になってから植物園に行くと
ハスの花って 見ごろすぎてるのよね。
今なら さぞ 綺麗なのでは・・・・・と期待していたものの。。。
やっぱり 見ごろは過ぎていた_(:□ 」∠)_

調べてみたら、ハスの花は早朝に開花して 
午後には閉じるor散るのだそうです。。。Σ(ω |||) 知らなんだ・・・。
どおりで、お花はぽつぽつ。

せっかくなので じっと観察してみると、面白いのが ハスの種のできる部分。
「花托」
蓮
お花の中央に、しっかりと「花托」が見えます(黄金色!)→花びらが散って成長した花托は「果托」に


ハス 種子
だんだん果托は乾燥して水分が抜けて・・・・→黒い種子が 今にもこぼれ落ちそうです^^

★←click ハスについては こちらのサイトを参考にさせていただきました。


そういえば、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』に、

池の中に咲いている蓮の花は、みんな玉のようにまっ白で、
そのまん中にある金色の蕊からは、何とも云えない好い匂いが、
絶間なくあたりへ溢れて居ります。


という 極楽の池の描写があります。

「金色の蕊」

確かに!金色(黄金色)だ~ (((o(*゚▽゚*)o))) 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

秋の七草
秋の七草

暑い、とは言え、確実に秋は 近づきつつあるようです・・・




Comment:0  Trackback:0
2018
08.19

田んぼアート 2018 in 岩手

8月6~8日、岩手の実家に 帰省してきました。

去年は 何かと忙しく、帰省しなかったので 2年ぶりです。
高校生になった次女は 今回は家でお留守番する~!とのことで
なんと 25年ぶりに 一人で新幹線に乗ることに・・・。

私は 乗り物全般が ちょっと苦手なので (乗り物酔い&乗り換え苦手)
実は 結構ドキドキでした(^^;
話し相手がいれば 気が紛れるんですけどね。


が、北陸新幹線開業により、乗り換えは大宮の一回だけ。
いやあ、楽になったもんだ~(* ´ ▽ ` *)
幼い子供3人連れて 越後湯沢の乗り換えに 肝を冷やしたのも 
遠い昔のことのようだわ・・。
ゆっくりと座席に座っていられる快適さが、嬉しいような、寂しいような・・
などと感傷に浸っているうちに 岩手到着!
両親の元気な顔も見られて 良かった^^

木

今年も 両親が 田んぼアートを見に 連れて行ってくれました。
姪っ子2人も 一緒です。 



まずは 花巻市石鳥谷町八幡の 田んぼアート。
ここは この数年は 宮沢賢治の童話をモチーフにしているようです。
花巻といえば 賢治ですからね(*´∀`人 ♪
ちなみに一昨年は『セロ弾きのゴーシュ』でした。←click!

今年は 『風の又三郎』
又三郎

こちらが 原画とのこと↓
又三郎下絵
こんなにたくさんの 種類のイネが 使われていたんですね!
今回は 黄色がとても鮮やかで 驚きました。

木


続いては 奥州市水沢にある アテルイの里。

テーマは・・・「おらほの★スター」
おらほの

sho-time.jpg

「おらほの★スター」とは?!
そう、奥州市出身の エンジェルス大谷翔平選手です!!!!!
【この場合、おらほ=おら(私) の ほう=私たちの地域の出身の、という
親しみと誇りを 込めた言葉ですね^^】

残念ながら 私が行ったときは ユニフォームの赤色が
見ごろを過ぎて 黒っぽくなってしまっていますが
こちらの「アテルイの里の田んぼアート」のHPで
とてもきれいな 赤色のユニフォームが 見られますよ~
click!

いや~、大谷選手 アメリカでも大活躍ですからね☆彡
まさに 「おらほの★スター」 ですよ☆彡
奥州市だけでなくて 岩手県民の誇りですよ☆彡
(と、元岩手県民の 血が騒ぐのす。
でも野球は詳しくないので あんまりわがんね・・・)

ちなみに 『アテルイの里』は
特別な 施設等が ある訳ではなく、
田んぼに囲まれた小高い丘に 物見やぐらが 建ってまして

アテルイの
ここにのぼると 2方向に 田んぼアートが 見られます。

今回もまた 慌ただしい帰省となりましたが
又三郎と大谷君が 見られて 楽しかったわ




Comment:0  Trackback:0
2018
07.31

モラタメ 『創味のつゆ 200ml×2本』

Category: モラタメ
モラタメさんで いただきました!

創味食品さんの 『創味のつゆ 200ml×2本』と、
『創味のぽん酢 1本』です
モラタメ つゆ


我が家で 「つゆ」といえば 『創味のつゆ』。

数年前 実家に帰った時 料理好きの弟がこれを使って いたのですよ・・。
あまりに美味しくて、ちょっとお高めだから・・と 実は敬遠していたわたくし、
目からうろこが ぼろぼろ落ちました。

美味しい「つゆ」って、何に使っても 味が決まる!
こんな便利なもの、使わない手はない v(o゚∀゚o)v

それ以来、我が家の「つゆ」は 『創味のつゆ』一筋。

煮物にしても、麺類のつゆにしても、冷奴などにそのままかけても 美味しいので
毎日の料理に 役立ちまくり(笑)
ちなみに いつもは 1000ml入りの 大きな容器を 特売の時に購入♪

創味のつゆ 大小

左側が 1000ml入りです。
なくなると困るので いつもストックを常備してあるのですが
今回 撮影のため確認したら 2本もありましたw(でも すぐなくなる)




さて、今回 いただいた 『創味のつゆ 200ml』は
食卓でも 使いやすい サイズ。

細口ノズル付きで 使う分だけ 押し出せます。
これは便利 


さっそく 晩御飯で 活躍していただきましょう~♪

今日のメニューは オクラとミョウガのせ冷奴!
冷奴 つゆ
夫が撮影してくれたのですが がっつりビールが写り込んでます~ ご容赦を(笑)

こんな風に 押し出して 必要量かけられます!
つゆかける
後方に 娘の勉強ノートが 写り込んでます~ ご容赦を(笑)

お味は 間違いないです。
だしの風味がいきた 安定の 美味しさ。
単なる冷奴が だしの香りで 一気にグレードアップ

創味のつゆは 美味しいけれど、食卓には出しづらいなぁ~と
感じていたので、この商品で 一気に問題解決。
どんどん 活用していきたいと 思います♪


さて、『創味のぽん酢』。
実は 以前 これまたモラタメさんで いただきまして。
こちらも もみじおろし入りで 一味違う 美味しいぽん酢です。

今回の 商品が届いた日、
たまたま 晩御飯のメニューが 夫リクエストにより
「鶏唐揚げの南蛮漬け」↓
ポン酢 からあげ
から揚+創味ぽん酢+みりん(+今回もナス
実は 簡単なのに ひと手間かかった 美味しさ

タイミングが よすぎて 笑ってしまいました(´∀`*)
↑美味しいので たびたび リクエストされます^^

我ながら 美味しい美味しい 連呼してますが
お気に入りの商品を 紹介できて とても嬉しいです♪




Comment:0  Trackback:0
back-to-top