FC2ブログ
2019
01.21

ふたたびの つじうら

年明けの 近所のスーパーで ふたたび 『つじうら』に 出会いました♪

つじうら ふたたび
こちらは 和菓子バージョンの つじうら。
「つじうらが なくては ならぬ」


つじうら 和菓子
きゅっと つまんだ形が 小さな お花みたい
色合いも 上品 (*´∀`人 ♪ カワイイなあ~

占いの紙
占いの紙は 真ん中に くしゃくしゃっと かなり小さく丸まって
入っていました。
これ、知らないと 食べちゃいそう(笑) お子様は気を付けてね~


さて、占いの結果は・・・
うぬぼれ

うぬぼれが つよい


|ω・`)

え・・・えええ・・・


なんか すみません・・・・・




Comment:0  Trackback:0
2019
01.20

ロウバイ

知り合いの方から ロウバイを いただきました。



ロウバイ


とっーーーっても いい香りです(*´∀`人 ♪



梅が 楚々とした 可憐な香りなら、
ロウバイ(蝋梅)は もっと大人な 華麗な香り。
(あくまで 個人の感想です^^)

+゚。*(*´∀`*)*。゚+ エエモンモロタ



Comment:0  Trackback:0
2019
01.19

『だいこんどのむかし』

すご~く 久しぶりに 絵本の記事です(^^;


ちなみに 読み聞かせのボランティアは ずっと継続していまして 
次女の 小学校入学を機に 始めてから もう10年目になります^^
我ながら よう頑張った(笑)



3年生に 読んだ本です。
だいこんどのむかし (日本みんわ絵本)
だいこんどのむかし (日本みんわ絵本)

むかしむかし ある村で 
たくさんまいた種から たった一本だけ育った
巨大な大根 「だいこんどの」。

だいこんどのが 実ってから 村には平穏が訪れるが
だんだん 世話が面倒になった 村人から 追い出されてしまう。
すると・・・・

ふたばライン


大きな大根を抜こうと 村人たちが 縄をかけ総出で 引っ張る場面
「おおきなかぶ みたい!」という 予想通りの反応 (*´艸`*)

ところが その途中で 大きな雷がゴロゴロと鳴り出します。
それは 「ゆきおろし」
冬の到来を告げる 雷です。

ところが だいこんどのは それを 「だいこんおろし」と勘違い。
そして
「めくめく めくめく」と 泣いたのです。


めくめく めくめく


・・・・こういう表現は はじめてだわ~
巨大大根が めくめく 泣く様子を想像すると まあ なんと可愛らしい(笑)
めそめそっぽいのかな?
いずれにせよ、小さな子供が 泣いているみたいだったんでしょうね。


泣いたり 喋ったりする 大根なんて ただ物ではない、と
村人たちは だいこんどのを 抜かずに せっせと世話をすることに。

それ以来 村には 平穏な日々が訪れます。
だいこんどのは 不思議な霊力を持った 存在だったのでしょう。

が、平穏も慣れれば日常。
世話に 飽いた村人たちに 
「役立たずの大飯喰らいは 出て行ってくれ」 といわれた だいこんどのは
苦い顔をして それでも黙って 出て行きます。

地面から すぽっと抜けて 歩いていく だいこんどの。
ここの挿絵は だいこんの 先っぽが 二股に分かれていて 足みたい。
哀愁を帯びた後姿が なんとも かわいそうで。


で、だいこんどののいなくなった 村は 
案の定 酷い目にあうわけですが 時すでに遅し。

平穏な日々に 感謝することを忘れた 人間の愚かしさが
描かれている点で
「おおきなかぶ」 とは 似て非なる 昔話。
なかなか 深いです。

ふたばライン

ところで、このお話の中に
ゆきおろし」、という 冬の到来を告げる雷が でてきますが・・・。


富山で言う
ぶりおこし」 ですね^^
冬の初め ゴロゴロゴロ・・・・⚡と 聞こえてきますと
ああ冬がやって来たんだな~、ブリ🐟の季節だな~、と
しみじみ(鰤は美味いが、暗い冬空と 雪との闘いにうんざり・・・)するのです。

私は 東北太平洋側出身なので
雷といえば 夏!
なので 富山に来て 冬の雷には びっくり仰天、
しかも「ぶりおこし」なんて 素敵?な 名前までついていることに 
カルチャーショックを受けましたね・・・すごいぞ日本海側、みたいなw

しかし、富山育ちの 私以外の家族にとっては
そんなの当たり前らしく、
「あ!雷鳴ってる⚡!!ぶりおこしだね~(((o(*゚▽゚*)o)))」
と、はしゃいでいるのは 私だけ・・・・ 

みんな、冷たいよ・・・・




Comment:0  Trackback:0
2019
01.18

カヤジャム 

年末年始 シンガポール旅行に出かけた 長女。

おみやげは
カヤジャムでした♪

カヤジャム


1瓶 25g入りの 小っちゃくて可愛い ジャムが4つ~♪
カヤジャム4つ
 シトラス     バニラ
 塩キャラメル  オリジナル  4種類(^^♪


・・・ところで、カヤジャムって 何?(´∀`*;)ゞワカンナイ

調べてみたところ、
ココナッツミルク、卵、砂糖、そして
パンダンリーフという植物を 煮詰めた 
シンガポール定番の ジャムなんだそうです。


朝食に 出てきて とても美味しかったので お土産にしたんだとか。


さっそく トーストに カヤジャムを塗って いただきました
まずは シンガポールに敬意を表して(?!) オリジナルカヤジャムをば。
カヤジャムトースト
色が 上手く出なかったのですが、
もっと 緑色です(^^;

緑色のジャムって あまり食べたことがないので
不思議な感じ・・・・
ほんのりハーブっぽい香りがして 舌触りはややもったり、
でも とっても まろやかで優しい甘さ。
(*´~`*) こりゃ美味しい
正直 海外みやげって 微妙な味が 多いんだけど
これは 美味しいわ~。


しかし、娘によると
カヤジャムは もっとべったり、そこに マジ?!ってくらい 大量のバター
それが 甘しょっぱくて やみつきになるそうな。
しかも なぜか 温泉卵に 醤油をたらしたものが添えてあり、
カヤジャムトーストに それをからめて 食べるらしい・・・・。

醤油?(゚д゚)?
・・・と、3回は聞きなおしましたが、娘は 醤油と力説。
そ・・・そうなんだ。

まあ、シンガポール旅行が 楽しかったようで 何より(´∀`*)



Comment:0  Trackback:0
2019
01.07

あけまして つじうら

2019年、あけましておめでとうございます°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°←今頃。

今年の 元日は 富山では珍しく 青空が広がり
まあ、お昼過ぎから え!?って思うほど どんより曇りましたけどw
毎年初詣に行っている 神社は 長蛇の列。

行列は大変でしたが 清々しい気持ちでお参りできました。
良いお正月だわ~^^
富山県民 冬の晴れの日 めちゃくちゃテンション上がる説

さて、夫の実家からの帰り道、
元日から営業中の スーパーに寄り道したところ、
おもしろいものを発見。


つじうら
「つじうら」
という お菓子です。
夫によると 子供の頃 お正月に よく食べたんだそう。

くるんと 三角の 飴ちゃんです。色合いが可愛いな♪
あめちゃん

そしてなんと!! 
お心任せ
飴を割ると 中から 占いの紙が・・・!!
つまりは フォーチュンクッキーならぬ フォーチュンキャンディー なのです。


しかし・・・・


わたしゃ あなたの お心任せ


・・・・って どういう意味・・・・・・((((;´・ω・`))) いや、なんとなくは わかるけど


ううむ、これを 一年の指針に・・・・なのだろうか。


ま、面白いから OK!!!




Comment:0  Trackback:0
back-to-top