FC2ブログ
2011
05.12

「ごきげんなすてご」

Category: 児童書
「さんかげつまえ おとうとが やってきた。
おとうとの かおは おさるだった。」




ごきげんなすてご (BOOKS FOR CHILDREN)ごきげんなすてご (BOOKS FOR CHILDREN)
(1995/01)
伊東 寛

商品詳細を見る






お姉ちゃんになった「あたし」。
弟なんか ちっとも かわいくない。
なのに おとうさんもおかあさんも 弟ばっかり可愛がる。

いいわ、こんな家、出てってやる。
すてごに なってやる。
そして 私だけを可愛がってくれる人に ひろってもらうんだ・・・!!


~*~*~*~*~*~*~*~*

下の子が生まれるのって 上の子にとっては 大事件。
いままで 独占してきた両親の愛情を
突然 赤ちゃんに 奪われてしまうのだから・・・。

お姉ちゃん、お兄ちゃんなら 誰でも経験した この悔しさ!!

「あたし」も「すてごになる」という ささやかな抵抗を試みます。

ところが、「すてごになる」 という宣言に
おかあさんは 「はい、はい」 としか言いません。

えっ!?
いいの!?

私だったら この時点で 絶対止めますけど
それじゃ お話にならないか(笑)


かくして、段ボール箱に はいって 拾われるのを 待ち続ける「あたし」。
ところが 次々と 「すてご志望」の 動物たちがやって来て・・・。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*

まだ「おねえちゃん」になったことを 
受け入れる事のできない「あたし」の気持を、
とても ユーモラスに描いています。

文字の分量は 少なめですし
各ページに 挿絵が入っているので
絵本感覚で 読む事ができると思います。
小学校低学年くらいの子だったら 自分でも読めるかと。


大人数には向きませんが
読み聞かせてあげても すごく喜びますよ。
うちの子は この「ごきげんなすてご」シリーズ大好きでした♪



さて、「あたし」は 誰に 拾われたのでしょうか・・・!?



~*~*~*~*~*~*~*~*
↓シリーズ いろいろ出てます。
 どれも 面白いです。


やっかいなおくりもの―ごきげんなすてご〈2〉 (BOOKS FOR CHILDREN)やっかいなおくりもの―ごきげんなすてご〈2〉 (BOOKS FOR CHILDREN)
(1995/12)
伊東 寛

商品詳細を見る

にぎやかなおけいこ (ごきげんなすてご)にぎやかなおけいこ (ごきげんなすてご)
(1999/04)
いとう ひろし

商品詳細を見る



Comment:0  Trackback:0
2010
07.19

「野に出た小人たち」

Category: 児童書
「床下の小人たち」の続編、読みました。



野に出た小人たち (岩波少年文庫)野に出た小人たち (岩波少年文庫)
(2004/04)
メアリー ノートン

商品詳細を見る


前作で 住んでいたお屋敷(の床下)から 追い出されてしまった
小人の親子。
少女アリエッティと、父ポッド、母ホミリーの三人は
戸外での生活を 余儀なくされます。
広々とした 野原で 野イチゴを摘み、垣根に登って・・・。
アリエッティにとって とても魅力的な生活ですが、
しかし 一歩間違えば 生命の危険にも さらされるのです。

そして ある日、小人たちは
少し風変わりな 小人・スピラーに出会います・・・・。


~*~*~*~*~*~*~*~*~

この「小人」シリーズは、
体が小さいというだけで 他は何ら人間と変わらない小人たちが
知恵を絞って 生活していく様子や、
体が小さいからこそ生まれる 冒険が
最大の魅力だと思います。

今回も アリエッティたちは 道に片方だけ落ちていた
編み上げの革靴を 家にして 生活します。
(「片方だけ落ちていた」というのがミソで、
あとで とんでもないことになってしまうのですが・・)


やっぱり 訳がちょっと古めかしい感は ありますが
今作も 特に後半部分は 思いがけない急展開で
どきどきの 冒険物語になっています。
とても面白かったですよ^^


「人間に見られてはならない」。
映画『借り暮らしのアリエッティ』では それが小人たちの掟のようですが
人間から「借りて」暮らしている以上、
それは 至難の業。

この「野に出た小人たち」でも、
やっぱり・・・・です(笑)

おっと、笑っちゃいけない、
彼らにとっては 存在そのものに かかわる事態なのだから・・。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*



一作目「床下の小人たち」は こちら↓
床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)
(2000/09)
メアリー ノートン

商品詳細を見る


記事は こちらです。





Comment:0  Trackback:0
2010
06.02

「床下の小人たち」

Category: 児童書
ジブリの新作映画 「借りぐらしのアリエッティ」 の
原作ということなので、読んでみました^^

床下の小人たち (岩波少年文庫)床下の小人たち (岩波少年文庫)
(2000/09)
メアリー ノートン

商品詳細を見る


児童文学になります。

ここに登場するのは、人間のすぐそばに こっそりと住んでいる小人たち。
彼らは 生活に必要なものを すべて人間の家から「借りて」生活しています。
 
ほら、家にたくさんあったはずの 安全ピンや、鉛筆や、マッチの箱や・・・。
いつの間にか 無くなってしまう事って ありませんか?

それは 「借り暮らしの小人たち」が、こっそりと 持って行ってしまうから。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アリエッティは あるお屋敷の 古時計の下に、
お父さん、お母さんと 3人で暮らしています。
小人は 「借りて」いる 姿を 人間に見られてはいけないため、
アリエッティは 一度も外へ 出たことがありません。
しかし、とうとう 彼女にも 父親と一緒に 人間の家に行くチャンスがやって来ます。
夢にまで見た 外の世界。
ところが、彼女は この屋敷に療養に来ていた 人間の男の子に
「見られて」しまったのです・・・。

この「床下の小人たち」では、
その後 男の子との間に 楽しい交流が生まれるのですが
それは 結局大人の知るところとなり、
やがて 男の子は両親の元へ帰り、
小人たちは お屋敷を 追い出されて!しまいます。



「床下の小人たち」はここでおしまいで、
続編が 出ています。
野に出た小人たち (岩波少年文庫)野に出た小人たち (岩波少年文庫)
(2004/04)
メアリー ノートン

商品詳細を見る

川をくだる小人たち (岩波少年文庫 (064))川をくだる小人たち (岩波少年文庫 (064))
(2005/04)
メアリー・ノートン

商品詳細を見る


他にも 何冊か・・・。
私は 続編は 読んでないですが、表紙を見ると
小人たちの暮らしぶりが すごくよくわかりますね。
「川を下る~」なんて、一寸法師みたい!!

ちょっと 訳が古っぽいかな?という気もしますが、
小学生の 高学年くらいの子なら 読めると思います。
残酷な場面も ありませんので ご安心を。
そして、本の好きな子なら きっと続きが 読みたくなると思います。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
話が 脱線しちゃいますが・・・。
これ、ジブリの原作っていうのが なるほどな~って感じです。


まず 小人の家が とっても 楽しい。
人間の家から 拝借してきた タバコの箱がアリエッティのベッドだったり、
居間のじゅうたんが 吸い取り紙(何だろう、スポンジみたいなものなのかな?)だったり、
とにかく ありとあらゆるものが 思いもかけない使い方をされてます。
感動物ですよ。

そして 人間のものを借りに行くときは
ひもの先に ピンを付けたものを 使って
器用に カーテンを登っていったり・・・・。
 
こういう こまごまとした描写、
そして 冒険のわくわく感・・・。
好奇心旺盛で 活動的な女の子。
まさに ジブリの 得意とするところですよね。

映画では 舞台は 2010年の日本なんだそうです。
この「床下の小人たち」の、ちょっとアンティークな匂いが
どう現代に 生まれ変わるのか、ほんとに 楽しみ♪

映画の前に 是非 ご一読を^^


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

そうかあ、家にあった ヘアピンが 買っても買っても
すぐに どっかいっちゃうのは 小人たちが こっそり持ってってたのねえ・・・。

と、なんだか 妙に 納得してしまった ワタクシでした・・・。

↑ほんとは 片づけが 苦手なだけ(笑) 



Comment:0  Trackback:0
2010
05.10

「どうぶつニュースの時間」

Category: 児童書
以前 ご紹介した あべ弘士さんの 児童向けの本です。
最近の 娘の ヒット(笑)


どうぶつニュースの時間 (おはなしパレード)どうぶつニュースの時間 (おはなしパレード)
(2000/07)
あべ 弘士

商品詳細を見る


午後7時。
どうぶつニュースの時間です。
アナウンサーは 森野こりす(リス)、解説は 黴原(カピバラ?)さん。
 
とても楽しい どうぶつニュース。
ハイジャック事件あり、ほのぼの話題あり、スポーツニュースあり、
お天気あり、盛りだくさんです。
登場するのは すべて 動物。
あべさんのイラストと 手書きのコメント、面白くて笑えます。

そして ニュースの合間には もちろんCM。
「くろかめ宅配便」・・・・。
どんな 宅配便か、なんとなく 想像つきますよね(笑)
次女の お気に入りです。

全文、ニュースの アナウンサー口調で 書かれています。
家のムスメは ず~っと なりきって 読んでました。

 
とても楽しい一冊です。
肩の力を抜いて どうぞ・・・・^^



 
続編も あるみたいです。
こっちも読んでみたいな。
どうぶつニュースの時間〈2〉 (おはなしパレード)どうぶつニュースの時間〈2〉 (おはなしパレード)
(2002/06)
あべ 弘士

商品詳細を見る








Comment:0  Trackback:0
back-to-top