FC2ブログ
2019
06.08

沙羅双樹の花の色 ~仏教三大聖樹~

Category: 植物園
久しぶりに 中央植物園へ 行って来ました



今回のお目当ては これ!

サラノキ(サラソウジュ)

サラノキ です。
サラノキ = サラソウジュ。
そう、「沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす」の 沙羅双樹です。

中央植物園で サラノキ初開花の ニュースが 新聞に載っていたので 
是非これは 見てみたい!と。
本来は 樹高30mにもなる 大木らしいのですが、
このサラノキは 鉢植えで 2mほど。
他植物園から 譲り受けてから 11年、あれこれ 試行錯誤の結果
ようやく 開花したんだそうです(* ´ ▽ ` *)
お世話してきた 植物が 開花したら さぞかし 嬉しいでしょうね^^

さて、サラノキの お花。
画像で  お分かりかと思いますが、すごく 小さい(1㎝あるかしら?)です。
花には ジャスミンに似た芳香がある・・・ そうですが
こんな貴重なお花(しかも 壊れそうに小さい)に 顔を寄せるなど
ビビりな私に 出来るはずもなく(笑)
そそくさと 離れ 心の中で合掌。ああ ありがたや ありがたや。

さて、サラノキは お釈迦さまが この木の下で入滅したことから
仏教の聖樹と されています。
他に 木の下でお釈迦さまが 生まれた→ムユウジュ
    木の下でお釈迦さまが 悟りを開いた→インドボダイジュ
の2つがあり、サラノキとあわせて 「仏教三大聖樹」なのだそうです。

そして!
なんと この 富山県中央植物園には そのすべてが 栽培されているそうで・・

ムユウジュ↓
ムユウジュ
このムユウジュ、季節外れに 開花しているのだそうで、
サラノキとムユウジュの同時開花は 国内初とのこと。
ああ ありがたや ありがたや×2

インドボダイジュ↓
インドボダイジュ
・・・って よくわかりませんね~ 結構大きい木です。

インドボダイジュの木の下には お釈迦さまが・・・!
お釈迦様
植物園、なかなか 楽しいです(笑)

ところで、屋外展示園に 「フユボダイジュ」という木があったのですが、
それは シナノキ科で、インドボダイジュは クワ科のイチジクの仲間。
葉の形が似ている&寒冷地でも栽培できるので
日本の寺院では シナノキ科のボダイジュが インドボダイジュの代用で 
植えられているんだそうです。ナルホド。


今回は 仏教三大聖樹 すべて見られて 大満足^^
というか 興味をもって 知ることが出来て 良かった♪
いやぁ~、なんでこんなとこに お釈迦さまが?って 謎だったんですよね(笑)
ちゃんと 解説は読みましょう。




Comment:0  Trackback:0
2019
04.23

ラン温室 葉の無いラン・・・?

Category: 植物園
お花見ついでに。
今回は ラン温室で 「ラン」を中心に撮影してきました。


キロキスタ・ビリディフラバ
「葉の無いラン」 として 展示されていた
キロキスタ・ビリディフラバ
たしかに 葉っぱは 見当たらないですねぇ・・・。
板のようなものに びっしり絡みついているのは 根っこらしい・・。

壁に ちょこんと 展示されていていて 見逃すところでした(笑)
とても小さな 可愛らしいお花^^
しかも バニラのような 良い香りがしましたよ~



バンダ濃い紫
バンダ 濃い紫


特に 品種の明記は なかったのですが
そしてランには全く詳しくないので 見当すらつけられず 
印象に残った花色の ラン。
ラン 紫白
薄紫に白 上品な色合いですね

ラン 緑赤
薄黄緑に赤 なかなかインパクトあり

カラフルなラン
こちらは とってもカラフル。虹色です。

ランって 本当に種類が豊富なんですね~(´∀`*)キレイ・・・
今まで 「ラン」で 一括りに見ていたけれど
良くよく知れば 奥深い・・・・のかも?



Comment:0  Trackback:0
2019
04.21

サクラ色々

Category: 植物園
ふたたび 桜を見に 中央植物園へ

植物園のソメイヨシノの並木は もう花が散ってしまいましが、
芝生広場をはさんで 向かい側のサトザクラは 今が見ごろ♪

花の色も 形も バリエーション豊富な サトザクラ。
実は こっちの お花見も 楽しみだったりします。
富山県中央植物園には 約110種類の桜が植えられているそうです!
ソメイヨシノより早いものも 遅いものも 秋に咲くものも



今 ちょうど見ごろの桜
いくつか 写真を撮ってきましたので ご紹介♪

カンザンほか
サトザクラ : 関山(カンザン)→とても濃い桃色で華やか。目を引きます。
サトザクラ : 松前紅笠(マツマエベニガサ)
         →桃色を帯びた小ぶりの八重がとても可愛らしいです。

タイハクほか
サトザクラ : 八重紫桜(ヤエムラサキザクラ)
         →柔らかな桃色で優しい雰囲気。
サトザクラ : 太白(タイハク)→大ぶりの真っ白な花弁で存在感あり!

オオシマザクラほか
サトザクラ : 長州緋桜(チョウシュウヒザクラ)
         →薄桃色の花びらが可憐です^^
オオシマザクラ →花と葉と同時に開くのだそうです。
            白と緑のコントラストが爽やかです^^

シダレザクラ2019
シダレザクラも 見ごろでした(^^♪
天気がイマイチだったので 微妙な写真ですが・・・



Comment:0  Trackback:0
2019
04.07

お花見 2019

Category: 植物園
さくらまつり 開催中の 富山県中央植物園へ
次女と お花見に行って来ました♪
お花見 2019


今年の ソメイヨシノも キレイです(* ´ ▽ ` *)
7分咲きくらいでした。
ソメイヨシノ 2019
ほんとに ほんのり桜色。


梅園の 足元は 菜の花畑。
なのはな
春だなぁ~




Comment:0  Trackback:0
2019
02.07

真冬の植物園 その2

Category: 植物園
印象に残ったもの。


中央の サンライトホール

今年は いのしし年、ということで
「イノシシ・豚」に ちなんだ 植物を 展示していました。

ベニウチワ
「ベニウチワ」
英名は ピッグテール・アンスリウム。
    ピッグテール=豚のしっぽ🐖
くるっと曲がった肉穂花序を 豚のしっぽに見立てた そうです。
なるほど~。チョンボリチョロリ~♪ですね。←わかる?

木



高山・絶滅危惧植物室

シマカコソウ
「シマカコソウ」
小笠原諸島の固有種で 環境省の国内希少野生植物種に 指定されているそうです。
シソ科。

マッソニア・プストゥラータ
「マッソニア・プストゥラータ」
南アフリカ原産の 球根多肉植物。だそうです。
大きな厚い葉っぱの真ん中から ほわほわの花が・・・・不思議。。


木

熱帯雨林植物室

テングバナ
「テングバナ」
丸い萼(がく)と 筒形の花弁の 取り合わせが
天狗(てんぐ)のように見えることから テングバナ。
そのまんまのネーミングですな(笑)

にょきっと伸びた鼻が 確かに似てますね^^


アブチロン
「アブチロン」の仲間
なかなか 印象的で 目を引く 色合いです。

木

ラン温室

バンダ
ラン 「バンダ」
ランの仲間では 珍しい 青色系統の花が咲く 品種だそうです。
植物園のバンダは 紫色でしたが、
大輪の花で とても見ごたえありました(´ω`人)



ヨウラクツツアナナス
「ヨウラクツツアナナス」
別名は 『女王の涙』✨ 素敵~✨
「ヨウラク(瓔珞)」とは インドの貴族が身に付けた 宝石や
金銀でできた アクセサリーのこと、だそうです。
確かに・・・高貴な女人の耳元で 重く揺れる 耳飾りのよう・・・✨
写真では 淡いピンク色ですが、実物は もっと鮮やかで濃いピンクです。
黄・緑・藍・ピンクの 色合いが エキゾチック。
こうみえて パイナップル科なんだとか。え・・・?



Comment:0  Trackback:0
back-to-top