FC2ブログ
2017
03.06

つらつらと

気付いたら 新年あけてました・・・・。
オメデトウゴザイマス。

・・・って・・・もう3月ですね。放置しすぎ(笑)


昨年、大河ドラマなるものを 初めて通年視聴いたしまして。
全話 観た!!
『真田丸』、面白かったー!!
日曜日が待ち遠しい 一年でした。


今年も 大河ドラマ 楽しみだわー・・・・。


しかし、井伊直虎、って 誰?
↑1月時点でのワタクシ。

歴史小説は好きなので 割と 戦国時代の女性について知っているほうだと
自負しておりましたが、全然知らない。
何故 「直虎」なのか・・・男の名前だよね?

とりあえず 図書館で 入手できた 本を何冊か 読んでみました。

高殿 円 『剣と紅』



梓沢 要 『女子にこそあれ次郎法師』


どちらも 井伊直虎を主人公とした 小説です。
しかも どちらも女性作家による 作品。


感想は・・・・なるほど。
これは 結構 ハードでドラマチックな 人生。

彼女が「直虎」と名乗るまで、次から次へと 
井伊の男たちが 落命していく悲劇。
そこで ピンチヒッターとして 登場したのが直虎。
女性を、しかも尼さんを 領主に、って、
最後の手段にもほどがあると申しますか・・・。
しかも 彼女が井伊の領主であった時期は 数年で、
井伊家は一度 取り潰しの 憂き目にあってしまうのです( ノД`)
たったひとりの跡継ぎ(井伊直政)の成長を待って 
ひたすらに 忍従、忍従の日々

いや、ちょっと待て。
これって 最後の最後まで
かなり ツラい展開のオンパレード
ドラマ的に 大丈夫なのでしょうか、と 心配になってしまうほど。


でも、心折れそうになりながらも 彼女は あきらめなかった。
ひたすら しぶとく 井伊家が再興する その日を 待ち続けた。
ここらへんの 粘り強さ、やっぱり 女性だな、って思うのです。
女には女の戦い方がある。
ここらへんが 見どころ・・・なのかな?




で、まあ、とりあえず最新話まで見た時点で 言えることは

鶴派!!
です(笑)



トラックバックURL
http://tiezou.blog49.fc2.com/tb.php/724-c48696de
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top