FC2ブログ
2017
08.07

7月読んだ本 (2017年)

Category:
7月 読んだ本。

ちエぞうの本棚 - 2017年07月 (8作品)
眩

朝井まかて
登録日:07月20日

powered by Booklog

木

先日 亡くなった 杉本苑子さん追悼ということで 
未読だった 『滝沢馬琴』を読みました。
その作中 いい味出していたのが 葛飾北斎と その娘のお栄。
馬琴と北斎は 組んで仕事をしたことも あったものの
二人とも 頑固で偏屈なものだから そりが合わずに絶縁。
でも その道を究めた第一人者として お互いを認め合っていたらしい。


北斎は 超有名浮世絵師ですが
娘もまた 絵師であったと知って 俄然興味がわきました。

と、いうことで 朝井まかて 『眩 くらら』
眩


葛飾北斎の娘で、父と同じく絵師であった 葛飾応為(お栄)。
この本の表紙の絵は 応為が描いたものです。
江戸時代に このような光と影を 鮮やかに描き出した絵があったことに
まず 驚きましたし、それが北斎の娘となれば なおさら。

とはいえ、この小説のお栄は あまりにも偉大すぎる父・北斎の背中を
あるときは弟子として、あるときは家族として
ひたすらに 支え続ける 影のような存在。 
一向に 芽が出ない 自分自身の画業への 苛立ちや迷い、
それでも 気が付けば 絵のことばかり考え、
憑かれたように 描かずにはいられない 絵師としての業。 
そして 兄弟子への ほろ苦い恋・・・・。

口調は乱暴、見た目はかまわない、粗雑なふるまい。
残念ながら 女性としての魅力は 全然ないお栄ですが
絵の道にひたすら 没頭する姿は やっぱり胸を打ちます。

ちなみに この本では 馬琴が いい味出してますよ~

図書館から 北斎と応為の作品集を借りてきて
しばらく 浮世絵の世界に浸っていたら、
なんと、

『眩 くらら』 が 
宮崎あおい主演で ドラマ化されるというではないですか!!

(9月18日 NHKで放送予定)
うわ~!楽しみ!!







トラックバックURL
http://tiezou.blog49.fc2.com/tb.php/749-493231fe
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top