2018
03.21

世界一美味しい煮卵?!

うちの 夫は 食いしん坊で 時々 料理もする人なので
よく レシピ本を買って 来ます。
なにしろ 子供の頃 欠かさず NHK「きょうの料理」を見ていたそうだ。

私はといえば 昔から 胃腸が弱いこともあってか
食べることに イマイチ意欲がないというか。。
そういえば 給食の時間は いつも最後まで 
教室の隅っこで もそもそ食べてたなあ・・・ ( ノД`)



そんな 夫が 書店で見つけて 大絶賛なのが
こちら↓
世界一美味しい煮卵の作り方 家メシ食堂 ひとりぶん100レシピ (光文社新書)

これはいい本だから いつか買おう買おうと思って
ついに買ったそうです(笑)



ところで 著者の はらぺこグリズリーさん、
私が いつも聞いている NHKラジオ「すっぴん!」に 
ゲスト出演されていたことがあって お名前は知っていました
ラジオで 紹介されていたレシピも 簡単で美味しそうでしたし、
しかも 「グリズリー」というニックネームに反して 非常に腰の低い方でして(笑)
すごく 好印象だったのです^^
(グリズリー=大型の熊らしいです) 

 
この本の特色としては 

一人分を基本とした レシピである。
スーパーなどで 簡単に、しかも安く手に入る 食材を 使っている。
何分加熱、など、手順が明記されていて 迷わず作れる!

と、いったところでしょうか。

家族向け、というよりは 一人で食べるご飯向けですが、
トマトソース等、普段の料理にも バッチリ応用できそう。
さすが、レシピ本大賞


さっそく 夫からのリクエストで
「世界一美味しい煮卵」
作ってみました♪


作り方は 簡単!
沸騰したお湯に 卵を入れ 中火で6分。
氷水で 3分冷やしたら、皮をむいて 麺つゆに半日つける。
これだけ!

最大の難関は ぷるぷるの半熟卵の 皮むき。
(後日 再び作ったときは 4個中 2つが ぱっくり割れてしまいました・・・
柔らかいので ちょっとでも亀裂が入ると そこから みるみる崩壊。
ま、これはこれで アリかもしれないと、そのまま麺つゆに投入。
結果 全然OK



絶賛仕込み中。
煮卵 仕込み中
麺つゆが 全体にいきわたるよう
キッチンペーパーをかぶせるのが コツ。

ところで、我が家愛用の 麺つゆは 創味のつゆ
何も考えずに ゆで卵に ドバドバと 創味のつゆを注ぎながら
「ん?なんかこれ 本の写真と 違う・・・・(色が濃すぎる)」と 思い
よーく 読み直したら 麺つゆ(2倍濃縮) って書いてある。
創味のつゆって、何倍濃縮?!
パッケージを見ると かけそばには4倍に薄めると書いてあったので
こんなもんかなと 適当に水を追加して 誤魔化す。
最後の最後で ズボラの本領発揮・・・。


完成した 煮卵がこちら!
煮卵
・・・・実は 半日ではなく 7時間ぐらいしか つゆに浸していなかったので
若干 味しみが 足りなかったかもしれない・・・


しかし、見よ、この完璧な半熟卵!!

主婦歴25年で こんなに美しい 半熟卵は 初めて(((o(*゚▽゚*)o)))

見た目 味が薄そうでしたが しっかり麺つゆの味もして
トロトロの黄味がね、もう美味しいのなんの (´ω`人)

家族にも大好評で 「また作って!!今度はたくさん!!」
だそうです^^


他にも試してみたいレシピがいっぱい♪
なにげに スイーツメニューも 充実してるので
そっちも 攻めてみたいなあと。




トラックバックURL
http://tiezou.blog49.fc2.com/tb.php/773-552120ac
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top